アレルギー対策本部

厚生省が食品アレルギー物質を含む原材料に鮭を選定

厚生省は、特にアレルギー症状を発症するとされる食品の原材料や添加物を特定原材料・特定原材料に準ずるものとして表示しています。特定原材料に準ずるものとは、特定原料材に表示付けた品目よりは、症状の重度さや発症数が少ないと位置づけられてはいますが、鮭はそこに選定されています。

食品アレルギーには、さまざまなものがありますが、魚アレルギーもその1つです。魚類は身体に良いと言われる中、鮭は子どもも好きな人気のある魚なだけにアレルギー症状が出ることが、思いよらない人は多いものです。
さらに、鮭による症状には、顔など皮膚が赤くなる・かゆみ・じんましんなどの他に嘔吐や下痢、アナフィラキーショック、アトピー体質の人はひどくなるなど見られます。しかし、すべての症状がアレルギー反応とは言えず、生で食した時の食中毒や体調不良なども関係することや寄生虫が原因の場合もあります。
また、鮭でも陸封性(淡水域で生きるもの)のニジマスやヤマメなどは、厚生省の特定原材料に準ずるものから対象外とされています。
鮭も含めて魚の筋肉にあるパルブアルブミンというたんぱく質に反応を起こすとも言われています。

アレルギー反応は、健康状態や体質、摂取の仕方などで反応の出方も人それぞれです。また、調理法や加工品の含有法なども影響の良し悪しを変えます。
乳幼児から高齢者まで、食品アレルギーになる可能性が誰しもありますが、重篤な場合もあることから安易に考えず、自覚していないアレルギー源も含め、見つけるために検査するのも良いと言えます。
厚生省の表示指導により、健康維持のために食品表示に意識を向けることはとても大切であり、企業も消費者も気をつけていかなければなりません。