アレルギー対策本部

一番大変なアレルギーとは?

アレルギーとは身体の免疫機能が過剰に反応していしまい、臓器に障害が出たり、皮膚に炎症が出たりする症状を言い、食物や金属、薬物が原因にものや、花粉症などが有名です。世界中にはまだ発見されていないアレルギーが多種多様にあるため、どれ一番大変なアレルギーかを決めることは難しいですが、やはり食物が原因となるアレルギーは大変な思いをすることが多いと考えられます。原因となる食物は卵や牛乳、穀物類に魚介類、野菜や果物など多岐にわたり、その中でも小麦や米などの主食として食べられているものでアレルギー反応がでてしまう場合、食生活そのものが他の人と大きく異なってしまいます。パンやラーメン、うどんやスパゲティー、ピザなど多くの人が好む食べ物を食べることができないことは、大きなストレスになるでしょう。
そういったアレルギーの中でも、一番大変だと思われるが水アレルギーです。その名の通り水に反応して症状が出るアレルギーで、水を飲んだだけで息苦しくなって全身に湿疹が広がるほか、皮膚に水がかかるとおよそ15分後に水が触れた部分が赤く腫れ、痒みや激痛を伴います。ただし皮膚疾患であり、体内の水分が害をなすとはないという特徴があります。水に反応するため雨に日に外出することはもちろん、お風呂やシャワーなどもショック症状を起こすため極力避けなくてはいけません。また涙や汗、唾液など自分の身体から出る水分でも反応が起きてしまうため、運動はもちろん感動的なドラマや映画も見ることができず、日常的にできることが大きく制限されてしまいます。現在の医療でもメカニズムが解明されていないために対処法がなく、ただ水を避け続けなければならない患者の苦労は計り知れないものでしょう。

アレルギーにならないための生活

アレルギーを発症する原因は遺伝の他にも、住生活や食生活といった環境要因が関係しています。最近アレルギーの人が増えているのは、日常生活の環境が悪化しているためと考えられるので、生活を見直すことでアレルギーを予防することが可能です。まず食生活です。食事が欧米化したことで動物性食品を多く食べるようになりました。しかし日本人は昔からお米を食べてきたので、お米の代わりにパンを食べるなど、日本人の体質に合っていません。牛乳や肉類なども食べ過ぎると消化器官に負担がかかり、アレルギーを発症しやすくなります。お米を中心に野菜や豆類を使った副菜、DHAを多く含んだ魚を主菜にしたバランスの良い食事を心がけます。また住環境ではアレルゲンを大量に取り込まないように、掃除をこまめに行います。床はフローリングが良いです。花粉症対策には、外出時はマスクを着用して、帰宅した時は家の中に花粉が入らないようにブラシでゴミを落とします。一方でホコリやダニ、カビなど一年を通して存在するアレルゲンに対しては、湿度と温度に気を付けます。特にダニは温度が25℃~35℃、湿度50%以上が繁殖しやすい環境なので、夏場の寝室などはエアコンの除湿で調整します。そしてストレスを溜めないことが大切です。ストレスには精神的なものと身体的なものがあります。精神的ストレスは、自分が熱中できる趣味で発散するか、よく笑う生活を意識します。精神的なストレスは、自律神経のバランスを崩して免疫力を低下させますが、笑うことで自律神経が活性化します。身体的ストレスは、仕事の疲れだけでなく、運動不足も含まれます。適度な運動は筋肉の緊張を和らげて、ゆったりした気分になります。

アレルギー疾患の合併症

昨今増えて来ている病気の一つにアレルギー疾患があります。この病気では本来病気の原因とはならないものに対して体が抗体igEとよばれる物質を作り出し、過剰な反応を起こしてしまいます。アレルギーの原因となるものはアレルゲンとよばれ食べ物や薬など数多く存在しますが、最近では環境の変化によるものが増加してきているとの結果があります。そして治りかたも年を重ねてだんだん症状が軽くなっていく人から重い症状からなかなか改善していかない人までおり、今は症状の改善が遅いパターンが増えてきているようです。またここではアレルギーが原因で起こる他の病気もあることからそれらについて説明をします。アレルギーの合併症には花粉症、アトピー性皮膚炎、じんましん、気管支喘息、アナフィラキシーショック等があります。アレルゲンを飲食したり吸い込み、接触をしたりすることで皮膚から循環器に至るまで様々な炎症がおきます。場合によっては急激な血圧の低下による意識障害や呼吸困難等の命に関わる重篤な症状が出ることがあり、軽視することはできません。特にアナフィラキシーショックにおいては急激に症状が悪化していくため非常に危険であり、国内でも痛ましい事故が起きています。気管支喘息においても発作によってショック症状と呼ばれる全身に血液が行き渡らなくなる事態が起きることがあり、医師の早急な処置が必要となるのです。ですがアレルギーの合併症というのは症状を悪化させる悪化因子とよばれるものから遠ざかるまたはそれを除去することで発症を予防したり症状を軽減させることができます。花粉症の人がマスクをしたり室内に空気清浄機を設置したりするのが分かりやすい例となります。アレルギーにおける事故も防ぐことができるのです。

花粉症の処方薬と通販情報

アレルギー治療薬ならジルテック

アレグラ